北海道朱鞠内湖産ワカサギを新食感の佃煮に


朱鞠内湖の名物を、伝統の焼干法で加工

サクっと!ワカサギ

北海道の幌加内町・朱鞠内湖で獲れた旬の道産ワカサギを、塩分控えめの関西風薄味に仕上げた「サクッと!ワカサギ」。水揚げ当日に丁寧に洗ったあと焼いて干し、出荷直前に揚げてから煮付けるため、佃煮なのにサクッと軽く柔らかいのが特徴です。手でつまんでもほとんどベタつかず、おつまみ感覚で食べられます。

薄い味付けで、おかずよりはおつまみ向き。無添加なので、お子様のおやつにもおすすめです。骨を含めて一匹丸ごと食べられるから栄養も充分。味は醤油と生姜の2種類。ほんのり香る程度の淡い味付けで、魚の風味を引き立てています。身は脂が乗ってフワッと、骨も軟らかいので歯や顎が強くない人も安心。ワカサギを食べたことのない人も、ぜひ食べてみてください。



北海道の湖の幸を守りながら製品化

サクっと!ワカサギ

「サクッと!ワカサギ」を作っているのは、北海道幌加内町朱鞠内湖の隣にあるNPO法人シュマリナイ湖ワールドセンター。環境整備や密漁の監視を行い、雄大な自然や希少生物の保護に尽力しています。また、若い人たちが働ける場をつくることで、地域雇用の確保にも繋げています。

北海道で最も人口密度の少ない町、幌加内。人口を増やす=定住してもらうためには仕事が必要です。「夏と冬は観光客でにぎわいますが、それ以外の時期にも仕事があれば、もっと幌加内に住みやすくなる」。そう考えた朱鞠内湖淡水漁業協同組合員兼センター代表の中野信之さんが着手したのは、朱鞠内湖のワカサギを使った商品の開発でした。

サクっと!ワカサギ

もともと幌加内では、昭和の頃から朱鞠内湖のワカサギを佃煮にして食べていました。しかし人口減や時代の推移に伴い、いつしか作られなくなってしまったワカサギ佃煮。「あの懐かしい味を復活させてほしい」という地元の人びとの声にも背中を押されました。

サクっと!ワカサギ

だから、製法にもこだわっています。北海道で昔から行われている焼干法(たくさん獲れた魚を、焼いてから干して保存食にする製法)で加工したワカサギは、「懐かしい味だ」と地元でも好評。特に子どもは正直で、「やわらかい!美味しい!」と食べてくれるそうです。

「川魚には土地(水)の香りが付きますが、大自然に囲まれた朱鞠内湖の魚は臭みがなく『ここの魚は美味しい』と舌の肥えた道産子も言うほどです。北海道というと海産物のイメージが強いですが、湖や川など内陸の水産資源もすごく豊か。その事に気づいてもらえたらと思います。北海道の人にこそ、食べてほしい品ですね」。
(中野さんたちの活動は、北海道応援マガジンJP01 vol.4「北開道人」でも詳しく紹介しています)



漁も加工も自分たちで。手間のかかったぜいたくおつまみ

ワカサギ漁は、魚が岸辺を回遊する9月~10月のみ。朱鞠内湖は道内一秋の深まりが早く、漁期が終わるのも早いのです。最盛期は夜中の2時~3時から作業を始め、その日の内に焼いて干し、冷蔵保存まで行います。川魚の匂いの元となるウロコは丁寧に洗って落とし、パリッサクッとした食感を出すため冷蔵機械などの設備にもこだわっています。味付けもその都度自分達の舌で確かめ、出荷前にタレをサッと絡めます。

サクっと!ワカサギ

漁期が限られているため、販売も秋~春の期間限定。とても手間をかけたぜいたくな品です。特別な日の酒の肴はもちろん、地元デザイナーによる高級感のあるパッケージでギフトにもぴったり。近年はきたキッチンやどさんこプラザで人気を博しているほか、有名シェフの高級おせち具材にも採用されるなど、着実に販路を拡大しています。



【幌加内町】サクっと!ワカサギ 2種セット【NPO法人シュマリナイ湖ワールドセンター】

価格: ¥2,160 (税込)
数量: セット
在庫: 在庫切れ

返品についての詳細はこちら

twitter

メーカー NPO法人シュマリナイ湖ワールドセンター
容量 醤油風味・生姜風味 各70g
賞味期間 常温30日
特定原材料 大豆
発送方法 常温
送料 840円(常温・60サイズ)
備考

関連商品

ページトップへ