鮭のまち、標津町に誕生した新たなうまみ食品・鮭節


鰹節の伝統製法でサケが劇的変化!? 鮭節の魅力が詰まったセットをお届けします

サケの産地として名高い道東の中でも、標津町は特に色濃くサケの文化が根付いています。古くはアイヌ民族の時代からサケを活用した生活が営まれ、現在も町内ではサケを使ったグルメや加工食品を多数販売。「サケにこだわるまちづくり」を目指しています。
そんな標津町で、平成22年に発売された新しいサケ加工食品が鰹節ならぬ「鮭節」。作っているのは知床標津マルワ食品さん。社長の田村正範さんが「美しい村標津産蕎麦作り研究会」の会長をされており、地元産の素材にこだわったそば作りを考える中で、鰹節に代わる新たなそばつゆのダシの原料として目を付けたのが、地元で豊富に獲れるサケだったのです。

鮭節ギフトセット



利用価値の低かった「ブナザケ」を、まちの特産品に

鮭節には、産卵を終えてエネルギーを使い果たした「ブナザケ」と呼ばれる、いわゆる「ホッチャレ」が使われます。
サケマス孵化放流事業によって捕獲・採卵されるサケは、身がやせ細り、脂も抜け切っているためそのままでは食用には向かず、利用価値がほとんどない、捨てるも同然のものでした。しかし、田村さんがサケを鰹節のようにダシに使えるものにと試行錯誤を繰り返す中で、このブナザケに着目。ブナザケで鮭節を試作してみたところ、普通のサケよりも大変良い出来になったのです。脂分が雑味の原因となる節づくりに、もともと脂が抜けていたブナザケは最適の材料だったというわけです。

鮭節ギフトセット

鰹節の本場、静岡県焼津の老舗鰹節メーカーから伝授された伝統製法「手火山造り」をサケに応用し、サケのうまみがぎゅっと凝縮した「さけ削りぶし 華ふぶき」。地元の素材を活用し、地元の人たちによって一つひとつ手作業で仕上げられる、標津の新しい名産品になりました。

鮭節ギフトセット

大きめの荒い削りの「華ふぶき」は、際立つ濃厚さが特徴。うまみやコクも強めで、ひとくちめから感じる濃厚さやうまみが余韻として続き、風味を長い時間感じられます。鰹節に比べて酸味が少ないのも特徴のひとつ。燻しの香ばしさがダイレクトに口の中に広がり、その濃いめの味わいは冷奴や卵かけご飯などにすると美味しく食べられそうです。
もちろん、鰹節と同様にダシを取ったり料理にかけたり、混ぜる、和えるなどの使い方でもOK。それでいて鰹節とは違ったうまみが楽しめます。

鮭節「華ふぶき」のほかに、鮭節の風味を加えた醤油「鮭節しょうゆ」、スープに使用した鮭節が味のアクセントになっている「鮭節ラーメン」味噌・塩・醤油味をセットにしてご用意。ギフトとしても、ご自宅用としてもぜひご利用ください。



【標津町】鮭節ギフトセット【知床標津マルワ食品】

価格: ¥3,780 (税込)
数量: セット
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

メーカー 丸和信和建設株式会社 地域資源開発部 知床標津マルワ食品
容量 華ふぶき:30g×2個、鮭節醤油:150ml×2本、乾燥ラーメン:90g×4個
賞味期間
特定原材料 大豆、小麦
発送方法 常温
送料 1,070円(常温・80サイズ)
備考

関連商品

ページトップへ