読み物

お肉のおいしい焼き加減


お肉は焼き加減が命!

特集第4弾「北海道のこだわりお肉」で紹介した4商品の生産者に、調理のコツを聞いちゃいました。これで家でも本場の味!?



興部町|(株)オホーツククリーンミート「おこっぺハムセット」

(株)オホーツククリーンミート 山本 一郎さん

こういう風に食べてほしい、というものはありません。お客様ご自身でお好きなように調理し、一番美味しい食べ方を見つけていただきたいと思っています。

<専務取締役 山本 一郎さん>




苫小牧市|道の駅ウトナイ湖 プレジール「B1とんちゃんセット」

道の駅ウトナイ湖 プレジール 佐藤 晶子さん

豚まんは蒸し器調理をお勧めします。レンジでも簡単に調理できますよ。『ジンギス豚』は厚切りで柔らかく無添加なので、お子さまにも安心して召し上がっていただけます。詳しくは商品紹介ページで!

<店長 佐藤 晶子さん>




美唄市|焼きとり たつみ「美唄やきとり満喫セット」

(株)オホーツククリーンミート 中森 康博さん

美唄やきとりはフライパンにアルミホイルを敷き、料理酒をふりかけて弱火で5分ほど蒸し焼きがお勧め。電子レンジでも手軽に作れます。

<専務取締役 中森 康博さん>




士別市|羊と雲の丘観光(株)「士別産サフォークラムジンギスカン」

(株)オホーツククリーンミート 栗城 昌弘さん

士別サフォークラムの味付きジンギスカンは、朝に冷凍庫から出しておけば夕飯ごろ丁度いい解凍具合に。羊肉は火を通しすぎると硬くなるため、さっと色が変わるくらいの焼き加減で大丈夫です。

<羊飼いの家 支配人 栗城 昌弘さん>




生産者のお勧めする食べ方で、北海道のお肉を味わってみてください。

北海道のこだわりお肉を味わいたい方はこちら!

ページトップへ