読み物

旭川でごちそうサマー


旭川・地酒蔵のあま~い夏


旭川市

旭川の地酒蔵、高砂酒造。ゼロワン編集部が「国士無双」取材に訪れたのは気温30度を超える真夏日で、大雪山連峰に囲まれた内陸地ならではの猛暑の洗礼を受けました。
高砂酒造明治酒蔵の入口には涼しげな音を響かせる鹿威し。日本酒の仕込みに使われている地下水を無料試飲できます。水道水(軟水)と違い、適度にミネラルの含まれた「中軟水」は尖りのないまろやかな味わい。この水でお米を炊くと味が段違いだそうで、地元の人もよく汲みに訪れるそうです。


国士無双の歴史と、魅力的な限定商品


明治酒蔵では工場見学や国士無双の歴史にまつわる展示を鑑賞できるほか、豊富な商品が並ぶ直営売店もあります。辛口大吟醸原酒「かくじょう」(※囗(くにがまえ)に上)など、蔵元限定品も多数。
夏のおすすめはノースプレインファームの牛乳と高砂酒造の大吟醸酒粕を使用した、フルーティーな味わいに驚く「酒粕ソフトクリーム」350円(税込)とひんやり甘くて栄養満点の「麹で造る吟醸甘酒」320円(税込)。どちらもノンアルコールなので、子どもやアルコールの苦手な方、ドライバーも楽しめます。
夏の北海道ドライブの際には、高砂酒造明治酒蔵へ訪れてみてはいかがでしょう。



旭川市

※旭川市内のとある飲食店にて。ヒミツの名物料理をプチJP01「旭川市」で紹介!

※高砂酒造「国士無双」限定酒はこちら!

ページトップへ