読み物

【取材こぼれ話】北海道長万部町・2(長万部食堂のカレー)


長万部町こぼればなし・2


鉄道員に人気だった長万部食堂のカレー

かつて長万部(おしゃまんべ)駅の駅前に「長万部食堂」という店がありました。青函連絡船のコックからレシピを伝授された濃厚なカツカレーが大人気で、鉄道ではたらく人々や旅行客で賑わったそうです。時代の移り変わり、町並みの変化にともない惜しまれつつも閉店してしまいましたが、その味を受け継ぐ店が町内にあります。





DELI57正面

100年以上変わらないカレー

駅前通りから一本奥に入ったところにあるカフェ「DELI57」(デリ57)。長万部食堂を営んでいた方のひ孫にあたる金谷さんが腕をふるい、曾祖母から受け継いだ一世紀以上前のカツカレーの味を守り続けています。





カツカレーとおすすめメニュー
写真手前の「カツカレー」950円(税込)は懐かしい濃厚な舌触りのルーカレー。不思議なコクと辛みがあり、スプーンがグイグイ進みます。分厚い道産豚ロースカツも柔らかく香ばしくて美味。作り方のコツを少しだけ聞かせてもらいましたが、気の遠くなるような手間がかかっているそうです…。





長万部食堂の残り香
店内にはレトロな木製冷蔵庫や使い込まれたレジスターなど往時を忍ばせる品々もあります。伝統のカレーを作るための調理器具は長万部食堂時代から使い続けていて、今なお現役(!)だそうです。



DELI57
[住所]北海道山越郡長万部町57番地
[TEL]01377-2-3957
[営業時間]12:00~18:00
[定休日]日曜


※このページの情報は2015年8月時点のものです。不定休・閉店・移転の可能性がありますので、訪れる際は事前にお店または町の観光協会にお問合せください。


▼北海道長万部町のおすすめ商品はこちら!
長万部ミルキーゴールド

【取材こぼれ話】北海道長万部町・1(クラフトたかの)


長万部町こぼればなし・1


自然と鉄路のまち、北海道長万部町

北海道南部・渡島半島の付け根にある長万部(おしゃまんべ)町は三方を山地に囲まれ、噴火湾にも面した自然豊かな地です。函館本線と室蘭分線の分岐点に位置する交通の要衝として、古くから鉄道のまちとして栄えてきました。酪農や漁業が盛んで、かにめしやスイーツなどが有名。2030年度内には北海道新幹線の駅ができる予定の、注目の地です。


廃校をリノベーションしたお菓子工場で作られている濃厚プリン「ミルキーゴールド」を取材しにJP01編集スタッフが長万部町を訪れたとき、地元の人に教えていただいた2つの隠れ名所をご紹介します。


長万部ICのすぐ近く。見落としやすいので注意

長万部ICすぐ、小道の先のドームハウス

道路沿いの木々のあいだに垣間見える木製看板。この先に「クラフトたかの」という人ぞ知る隠れ家カフェがあります。





この先クラフトたかの
砂利道を抜けて森の奥へ。「本当にこっち?」と運転するスタッフが不安そうに聞いてきます。





クラフトたかの正面
鬱蒼とした森のなかの道を進むと、不意に視界が開けて現れる木造ドームハウス。木工芸品や家具をつくる旦那様と、ハスカップやブルーベリーなどを育ててジャムをつくる奥様が営むカフェ「クラフトたかの」です。





クラフトたかの入口1
雰囲気のあるカフェ入口。緑のトンネルをくぐって、二階のドームへ続く階段をのぼっていきます。





クラフトたかの入口2
おや、階段に何か黒いものが…。





クラフトたかの猫1
猫でした。





クラフトたかの猫2
たくさんいる猫たち。野良が住みついてしまったそうです。





クラフトたかの内観1
クラフトたかの内観。陽が差し込む店内は、木製の家具などが並んでいます。





クラフトたかの内観2
見上げるとドームハウスの構造がよくわかります。素朴な無塗装のチェアに腰掛けて、有機栽培コーヒーを飲んでゆっくり過ごすのは至福のひととき。ドーム内部には機織り機・紡ぎ車・木製スピーカーなど、旦那様の手による作品が溢れています。




クラフトたかののハスカップ畑とジャム
お土産には、すぐ横の畑で摘んだ新鮮なハスカップをてんさい糖で煮詰めた「ハスカップジャム」(大・180g)750円(税込)※夏限定 がおすすめ。





クラフトたかのにあるもの
小道の脇にあるハスカップ畑の果樹(左)。小指の先ほどの実を摘んで食べると甘酸っぱい味わいが広がります。また、ドームハウスを取り巻くように高く伸び茂る樹齢100年以上の大トドマツは圧倒の眺め(中央)。カフェ入口にある、一本の木から削り出したという不思議なオブジェ(右)も見どころです。


クラフトたかの
[住所]北海道山越郡長万部町字栗岡21-1
[TEL]01377-2-3854
[営業時間]土・日11:00~17:00
[定休日]月~金曜


※このページの情報は2015年8月時点のものです。不定休・閉店・移転の可能性がありますので、訪れる際は事前にお店または町の観光協会にお問合せください。



北海道長万部町のもう一つの隠れ名所はこちら!
>>100年以上続く「長万部食堂のカレー」が今も食べられるお店




▼北海道長万部町のおすすめ商品はこちら!
長万部ミルキーゴールド

【ゼロワンショップ】北海道安平町こぼればなし


安平町こぼればなし


安平町ってどんなところ?

北海道胆振地方にある安平町は、名馬ディ-プインパクトの出身地。農業や競走馬生産が盛んなまちです。なかでも早来(はやきた)地区は「雪だるまのまち」として有名。早来雪だるま郵便局の屋根の上にある雪だるまは、なんと安平町特別住人に登録されている、立派な「安平町民」なのです!


郵便局の横にも雪だるまのモニュメント(上写真)があり、記念撮影におすすめのスポットです。この雪だるまには実は2つのボタンがあり、1つを押すと雪だるまが歌をうたってくれて、もう1つを押すと…今日の運勢を占ってくれます!



安平町・鶴の湯温泉

動物と触れ合える蓮の名所、鶴の湯温泉

安平町民に愛されている「鶴の湯」は、明治4(1871)年開湯の北海道でも2番目に古いといわれる温泉です。施設の前には大きな池があり、8~9月にかけて見事な蓮の花が咲き誇ります。

鶴の湯温泉の魅力はもうひとつあります。件の池にはアイガモやカメも放し飼いにされていて、コイに餌やりをすることもできるそう。温泉、花、そして動物に癒やされる一石三鳥(?)の温泉です。

鶴の湯温泉
[住所]北海道勇払郡安平町早来北町5番地
[TEL]0145-26-2211
[営業時間]10:00~21:00
[定休日]水曜
[入浴料金]大人(中学生以上)500円、子ども300円 ※宿泊施設あり
[HP]http://www.tsurunoyu.jp/



安平町・手打ちそば哲

製粉から行う手打ちそば、松平さんの「そば哲」

松平哲夫さんが営むそば店「そば哲」は、地元・北海道安平町と道東・摩周産そばの実を仕入れ、製粉から行っているお蕎麦屋さんです。そばに添える天ぷらの野菜も、農業者でもある松平店長の畑で作られたものというこだわりよう。

写真は夏・冬期限定メニューの「寒ざらしそば」。冬にそばの実を水に浸して、発芽した実を寒風に2週間さらし真空パックしたものを使用しています。芽を出させることで甘みが増した太麺のそばは、じっくりかみしめたい旨さです。このほか、「鴨ざるそば」も常連さんに人気だそう。

手打ちそば・そば哲
[住所]北海道勇払郡安平町東早来259番地
[TEL]0145-22-2246
[営業時間]10:00~19:30(売り切れ次第終了)
[定休日]木曜、隔週水曜
[HP]http://www7b.biglobe.ne.jp/sobatetsu/


(このページの情報は2015年8月のものです)


▼北海道安平町のおすすめ商品はこちら!
安平はちみつチーズセット

ゼロワンショップのこぼれ話


読み物タイトル

JP01取材を通して触れた、北海道のモノ・コト・ヒト。


■ 道北 -------------------------------------
旭川でごちそうサマー(旭川市)
イトウさんスタンプ(幌加内町)
KAZUMOちゃん(留萌市)

■ 道東 -------------------------------------
オレンジ色の建物の謎(西興部村)
節になったサケ(標津町)

■ 道央 -------------------------------------
美唄のグルメ(美唄市)

■ 道南 -------------------------------------
取材こぼれ話・長万部食堂のカレー(長万部町)New!
取材こぼれ話・クラフトたかの(長万部町)New!
安平町こぼればなし(安平町)New!
道の駅「ウトナイ湖」を大解剖!(苫小牧市)
ブルーベリー狩り体験記(七飯町)
トマト天国、平取。(平取町)
安平町の雪だるま(安平町)

■ 特集 -------------------------------------
ゼロワン流、こだわりプリンを味覚分析!(JP01 vol.8「北海道のプリン」)
チーズレシピ(JP01 vol.9「北海道のチーズ」)
チーズとワインのマリアージュ(JP01 vol.9「北海道のチーズ」)
生産者おすすめの食べ方(JP01 vol.10「北海道の水産加工品」)
お肉のおいしい焼き加減(JP01 vol.11「北海道の肉」)
ワインと美容(JP01 vol.13「北海道のワイン」)

旭川でごちそうサマー


旭川・地酒蔵のあま~い夏


旭川市

旭川の地酒蔵、高砂酒造。ゼロワン編集部が「国士無双」取材に訪れたのは気温30度を超える真夏日で、大雪山連峰に囲まれた内陸地ならではの猛暑の洗礼を受けました。
高砂酒造明治酒蔵の入口には涼しげな音を響かせる鹿威し。日本酒の仕込みに使われている地下水を無料試飲できます。水道水(軟水)と違い、適度にミネラルの含まれた「中軟水」は尖りのないまろやかな味わい。この水でお米を炊くと味が段違いだそうで、地元の人もよく汲みに訪れるそうです。


国士無双の歴史と、魅力的な限定商品


明治酒蔵では工場見学や国士無双の歴史にまつわる展示を鑑賞できるほか、豊富な商品が並ぶ直営売店もあります。辛口大吟醸原酒「かくじょう」(※囗(くにがまえ)に上)など、蔵元限定品も多数。
夏のおすすめはノースプレインファームの牛乳と高砂酒造の大吟醸酒粕を使用した、フルーティーな味わいに驚く「酒粕ソフトクリーム」350円(税込)とひんやり甘くて栄養満点の「麹で造る吟醸甘酒」320円(税込)。どちらもノンアルコールなので、子どもやアルコールの苦手な方、ドライバーも楽しめます。
夏の北海道ドライブの際には、高砂酒造明治酒蔵へ訪れてみてはいかがでしょう。



旭川市

※旭川市内のとある飲食店にて。ヒミツの名物料理をプチJP01「旭川市」で紹介!

※高砂酒造「国士無双」限定酒はこちら!

西興部村 オレンジ色の建物の謎


あちらにもこちらにも、どうしてオレンジ色の建物が多いの?

JP01本誌連動「旨い肉特集」取材のため興部町のオホーツククリーンミートへ向かう途中、西興部村を通った際に気が付いたことがあります。それは、オレンジ色の建物がたくさんあるということ。
かぼちゃ色のかわいい建物が現れたと思ったら、反対側にも同じ色の建物が。かと思えば、また同じような色合いの建物がどんどん出てくるのです。


西興部町

なぜ?

その答えは、変わりゆく村の時代背景の中にありました。


平成元年にJR名寄線の廃線、そして木材会社の倒産により、西興部村の中心部は大きくポッカリと空いてしまいました。そこで、郊外にあった老朽化した診療所や保育所を市街地へと移設新設し、その時に保育所の外壁を「オレンジ色」に、屋根を「緑色」にしたのだそう。すると、「子ども達が元気に飛び跳ねるイメージにぴったりだ」と村民の方々などから大変好評でした。
オレンジ色の外壁は、夏は村を囲む森林の緑の中で元気と勢いのある個性的な印象を与え、冬には白一色の雪の中で温かなイメージを与えてくれることから、村内の公共施設のすべてをこの色で統一しようとなりました。そして、オレンジ色の公共施設が村の市街地に整備されていったのです。


「平成6年度から実施していた『海外視察事業』でもヨーロッパの色彩統一された景観に感銘を受け、村でも美しい景観づくりができないか議論を重ねました。そして平成11年度に景観条例を制定し、平成13年度より色彩統一を含めた『西興部村美しい村づくり事業推進補助金』事業を実施して、オレンジ色を中心とした街並みが形成されたのです」と、西興部村役場の中内太さん。


オレンジ色はオレンジ色でも、彩度の低い落ち着いた色だということがポイント。屋根にはオレンジ色と相性の良い緑などの調和色が使われます。


西興部町

オレンジ色のかわいい建物にはこんな理由があったのですね。これからもどんどん、街並みが統一されていくことに期待です。



西興部町

深緑の季節はもちろん、雪景色の中でもオレンジ色が映えて美しい西興部村にぜひ遊びに行ってみてください。

美唄のグルメ


焼き鳥・とりめしだけじゃない?おすすめ地元スイーツを紹介

美唄焼きとり、袋やきそば、とりめしなど、郷土色豊かな食揃いの美唄市。もともと炭鉱マンの街でガッツリ系多めの印象がありますが、女性好みのスイーツもたくさんあります。


すぎうらベーカリー

美唄産お米パンやシフォンケーキが有名な、すぎうらベーカリー本店(癸巳町2区)。「お米のいちごマーブルシフォン」は甘い雲を食べているような口解けのよさ。1袋100円前後のシフォンケーキラスクなどもあります。



美唄くるみ餅

一村一珍で紹介した、長栄堂(大通東1条南1丁目)のくるみ餅。美唄産クルミを使ったくるみ餅はここでしか買えません。上にも餅の中にもクルミがたっぷり…!購入すると、くるみ餅の切れ端をオマケしてもらいました。



アンテナショップPiPa

同じく一村一珍で取り上げた「溶けにくいソフトクリーム」が食べられるアンテナショップPiPa(進徳町1区)。地場の農産物や加工品がいろいろ並んでいます。リアルな美唄焼きとりストラップなど珍土産も。


ドライブ途中に甘味をつまみ、お土産を買い、晩は「たつみ」のやきとりで一杯。そんな美唄旅はいかがですが。

苫小牧 道の駅「ウトナイ湖」を大解剖!


「B1とんちゃん」商品が販売されている「プレジール」以外にも道の駅ウトナイ湖にはさまざまなショップ・スポットがあります。魅力的な施設の一部をご紹介!



ラポ・ラポラ食堂

ラポ・ラポラ食堂

ノーザンホースパーク直営レストラン「ラポ・ラポラ食堂」では中標津上原農場産そば粉「遥の里」使用の本格二八そばを中心に香り豊かなそばを楽しむことができます。
また、オリジナルソフトクリームも販売しているので是非味わってみてください。




寿司 実演販売の店 海鮮パーク

寿司 実演販売の店 海鮮パーク

名物ご店主のたきもとさんが作るかに・ほっき貝・さんま・しゃけ・穴子の押し寿司や、かにの太巻き、かに玉丼などが大好評のお店。
館内でお召し上がりの方にはみそ汁がサービスされるもの嬉しいポイントです。
タイミングがあえば、たきもとさんとのツーショットも撮影できるかも!




北寄玉

北寄玉

たこ焼き?…と思ったら中には苫小牧の特産品であるホッキ貝!
こだわりの素材と北海道バターでこんがり焼き上げており、食べた瞬間、ホッキ貝の甘さと食感が口の中に広がります。




とまチョップの石像

とまチョップの石像

とまこまいの「とま」、ハクチョウの「チョ」、ハナショウブの「ョ」、ホッキ貝の「ッ」、ハスカップの「ップ」が由来の苫小牧市公式キャラクター「とまチョップ」
ウトナイ湖生まれなこともあり、入り口付近には、このとまチョップの石像が設置されています。
頭をなでると願いごとが叶う!…かも?




アンテナショップ ミール

アンテナショップ ミール

近隣の特産品や、日本野鳥の会オリジナルの野鳥グッズなどたくさんのお土産品が取り揃えられています。
ホッキやハスカップなど苫小牧をはじめとした、東胆振の商品ならここにおまかせ!
もちろん、とまチョップグッズも充実しています。
また、苫東工業地域の植物工場で作られたミニトマトや地元の新鮮野菜・切り花なども好評です。




本誌「JP01」の設置施設としてもご協力をいただいている道の駅「ウトナイ湖」。
ぜひ一度立寄ってみてはいかがですか??

お肉のおいしい焼き加減


お肉は焼き加減が命!

特集第4弾「北海道のこだわりお肉」で紹介した4商品の生産者に、調理のコツを聞いちゃいました。これで家でも本場の味!?



興部町|(株)オホーツククリーンミート「おこっぺハムセット」

(株)オホーツククリーンミート 山本 一郎さん

こういう風に食べてほしい、というものはありません。お客様ご自身でお好きなように調理し、一番美味しい食べ方を見つけていただきたいと思っています。

<専務取締役 山本 一郎さん>




苫小牧市|道の駅ウトナイ湖 プレジール「B1とんちゃんセット」

道の駅ウトナイ湖 プレジール 佐藤 晶子さん

豚まんは蒸し器調理をお勧めします。レンジでも簡単に調理できますよ。『ジンギス豚』は厚切りで柔らかく無添加なので、お子さまにも安心して召し上がっていただけます。詳しくは商品紹介ページで!

<店長 佐藤 晶子さん>




美唄市|焼きとり たつみ「美唄やきとり満喫セット」

(株)オホーツククリーンミート 中森 康博さん

美唄やきとりはフライパンにアルミホイルを敷き、料理酒をふりかけて弱火で5分ほど蒸し焼きがお勧め。電子レンジでも手軽に作れます。

<専務取締役 中森 康博さん>




士別市|羊と雲の丘観光(株)「士別産サフォークラムジンギスカン」

(株)オホーツククリーンミート 栗城 昌弘さん

士別サフォークラムの味付きジンギスカンは、朝に冷凍庫から出しておけば夕飯ごろ丁度いい解凍具合に。羊肉は火を通しすぎると硬くなるため、さっと色が変わるくらいの焼き加減で大丈夫です。

<羊飼いの家 支配人 栗城 昌弘さん>




生産者のお勧めする食べ方で、北海道のお肉を味わってみてください。

北海道のこだわりお肉を味わいたい方はこちら!

イトウさんスタンプ


朱鞠内湖のイトウがLINEスタンプに登場!

先日、幌加内町観光協会の方へお会いしたときに、こんなカードを頂きました。


イトウくんスタンプ

なんと、朱鞠内湖に住む幻の魚・イトウのLINEスタンプが出来たそうです!

時には2メートルにも成長するイトウですが、ゆるっとかわいいイラストになっています。
イラストを手がけたのは、「サクっと!ワカサギ」のパッケージ等を手がけている町内のデザイナー。「皆さんに使っていただけるよう、普段の会話で使えそうなスタンプを目指して作りました」とのこと。


イトウくんスタンプ

ゼロワンスタッフも、早速購入して使ってみました。
「ありがとー」「いえいえ~」「は~い」などオーソドックスなものはもちろん、「魚へんに鬼と書きます」や「キング オブ 淡水魚」といった、イトウをPRするスタンプもあります。
日常会話に気軽に使えるスタンプが中心ということもあり、とても使いやすく重宝しそうです!


イトウくんスタンプ

また、こちらのLINEスタンプの収益は、朱鞠内湖におけるイトウの保護活動に充てられます。
楽しく使えてイトウ保護にも貢献できる素敵なLINEスタンプ。皆さんもGETしてみてはいかがでしょうか?



イトウスタンプが欲しくなった方はこちらから♪


イトウも住んでいる、朱鞠内湖で採れたワカサギを使った【サクっと!ワカサギ】はこちらから!

ページトップへ