読み物

【ゼロワンショップ】北海道安平町こぼればなし|


安平町こぼればなし


安平町ってどんなところ?

北海道胆振地方にある安平町は、名馬ディ-プインパクトの出身地。農業や競走馬生産が盛んなまちです。なかでも早来(はやきた)地区は「雪だるまのまち」として有名。早来雪だるま郵便局の屋根の上にある雪だるまは、なんと安平町特別住人に登録されている、立派な「安平町民」なのです!


郵便局の横にも雪だるまのモニュメント(上写真)があり、記念撮影におすすめのスポットです。この雪だるまには実は2つのボタンがあり、1つを押すと雪だるまが歌をうたってくれて、もう1つを押すと…今日の運勢を占ってくれます!



安平町・鶴の湯温泉

動物と触れ合える蓮の名所、鶴の湯温泉

安平町民に愛されている「鶴の湯」は、明治4(1871)年開湯の北海道でも2番目に古いといわれる温泉です。施設の前には大きな池があり、8~9月にかけて見事な蓮の花が咲き誇ります。

鶴の湯温泉の魅力はもうひとつあります。件の池にはアイガモやカメも放し飼いにされていて、コイに餌やりをすることもできるそう。温泉、花、そして動物に癒やされる一石三鳥(?)の温泉です。

鶴の湯温泉
[住所]北海道勇払郡安平町早来北町5番地
[TEL]0145-26-2211
[営業時間]10:00~21:00
[定休日]水曜
[入浴料金]大人(中学生以上)500円、子ども300円 ※宿泊施設あり
[HP]http://www.tsurunoyu.jp/



安平町・手打ちそば哲

製粉から行う手打ちそば、松平さんの「そば哲」

松平哲夫さんが営むそば店「そば哲」は、地元・北海道安平町と道東・摩周産そばの実を仕入れ、製粉から行っているお蕎麦屋さんです。そばに添える天ぷらの野菜も、農業者でもある松平店長の畑で作られたものというこだわりよう。

写真は夏・冬期限定メニューの「寒ざらしそば」。冬にそばの実を水に浸して、発芽した実を寒風に2週間さらし真空パックしたものを使用しています。芽を出させることで甘みが増した太麺のそばは、じっくりかみしめたい旨さです。このほか、「鴨ざるそば」も常連さんに人気だそう。

手打ちそば・そば哲
[住所]北海道勇払郡安平町東早来259番地
[TEL]0145-22-2246
[営業時間]10:00~19:30(売り切れ次第終了)
[定休日]木曜、隔週水曜
[HP]http://www7b.biglobe.ne.jp/sobatetsu/


(このページの情報は2015年8月のものです)


▼北海道安平町のおすすめ商品はこちら!
安平はちみつチーズセット

ページトップへ